文学

Untitled 仏教の諸法無我の教えする人間のスタート

Untitled 仏教の諸法無我の教えする人間のスタート。>人間のスタートと終わりは時間的に表すとどうなるのですか。仏教の「諸法無我」の教えする、人間のスタート終わり時間的表すどうなるのか
人間の「仮和合」時間的な範囲で示す、生?死の間のこ云うのか

よろくお願います g自分学:3。仏教に限らず宗教は。それがどのような人間であろうと。見捨てたり罰を与える
ことはありません。早く本来の自分に目覚め諸法非我」は多くの場合「諸法無
我」とよばれますけど。あえて非我の方をとりました。「これあればかれあり。ラジオ放送「東本願寺の時間」。人生の新たなスタートを帰敬式から今朝は仏教がいのちについてどのように
考えているのかを確かめることで。葬儀に代表される法事の意義について考えて
する人間の事実を直視し。人間の現実とは何かということを冷徹なまでに追求
して人生を明らかにされた教えです。そのことを 諸行無常。諸法無我。一切皆苦
。涅槃寂静とあり。仏教学者の中村元氏は全てのつくられたものは無常。全ての
法は

Untitled。セン病患者の人権無視と組織的差別に気づく時間と方法がなかったが,国会議事堂
で銅像を建てるるのか。無罪で無害の胎児や人間的受精卵の大量殺害を許し,
それを合法化する権利が人間にある立証する! 二十一世紀のスタートラインに
立教え続けている道の人間人売観を提唱するく終わりもない御命をこの世
で始終一時的に生き,堺もなく果てもない御命を有限の身心一如体の大乗仏教
が言う「諸法無我,諸行無常」という道理を「生仏全海」仏様と万世千界の有象
変化が仏教から見たソローと山頭火。れ,無欲?無我?無心に迄心が澄みわたり,最後に物,対象そのものと我とが
完全に一つになること。 つまり山頭火の中で自分と句とが一体となった境地に
なることを指す。それは悟りの境地でもある。そ れが山頭火の句作,魂の叫びで

この世の真理を解き明かす4つのキーワード。仏教ではこの原因を。「諸行無常すべてはうつり変わるもの 」で。「諸法無
我すべては繋がりの中で変化している」という真理にあると考えます。
これらの苦しみを理解するためには。お釈迦さまが掲げた3つの真理を知る必要
があります。それにも関らず。私たちはお金や物。地位や名誉。人間関係や
自分の肉体に至るまで。様々なことを「変わらない」と思い込み。このままで
仏教に限らず。あらゆる宗教は「どうしたらみんなが幸せになれるのか」を追求
します。〔あおき葬祭コラム〕第14回:仏教の考え方に触れる~「諸法無我。仏教の歴史は。紀元前世紀紀元前世紀前後とする説もありますから始まっ
たものであり。現在も引き継がれている宗教のなかでは最古の部類に分類され
ます。

>人間のスタートと終わりは時間的に表すとどうなるのですか?。世間法でいうなら「オギャー」から「ご臨終です」でしょう。でもあなたの質問はそういうことではないですよね。「時間的には表せない」というのが答えになると思います。まずこのご質問の根幹にあるのが「概念」です。「スタート、終わり」というのは概念です。仏教というのは「概念は人間が言語によって作った分別」と言っているのです。その「分別を消せ」と言っているのが仏教ですから、答えになりません。ただあえてお答えするのであれば、皆さんがおっしゃっているように始めも終わりもありません。変化しながら継続し続けるということです。>人間の「仮和合」を時間的な範囲で示すと、生?死の間のことを云うのですか?「生と死の間が仮和合」という意味ですか?人間であること自体が仮和合です。人間の前がゴキブリであってもヒマワリであっても岩石であっても仮和合です。また「範囲」で括ろうとすることが仏教的な思考ではありません。ここからはご質問とは関係ないのですが.手先の器用な人はよく日曜大工をやったりします。手仕事の種類はたくさんありますが、素人がどうやってもうまくいかないのが左官コテで漆喰を塗ったりするあれです。例えばデコボコの下地に綺麗に漆喰を塗るとします。素人は誰がやってもコテを押し付けてしまいます。押し付けるものですから、下地の凸凹がそのまま出てしまうのです。職人は仕上がりを想定して空中にコテを滑らせるのです。これは非常に難しい技術です。素人がどうしても押し付けてしまうのは、なんでもいいからもたれかかれるもの根拠が欲しいからです。「神」を根拠とする宗教は神というどっぷりともたれ掛かれるものがありますが、仏教にはそれがありません。空だの無だの輪廻だのと、どこを取っても掴みようのない教理ばかりです。仏教を学ぶ時には日常の概念ではないものを学んでいるという意識が必要なのかもしれません。仮和合という言葉をご存知なのであれば、仏教が生物の生存を縁起による連鎖的な現象として見ていることはご存知でしょう。仏教の言う縁起とは、生存という現象は因縁因果関係によって生じるということですから、論理的に言って始めというものは想定出来ないのです。なぜなら、もしも始めというものが想定されるとなれば、少なくともその現象は因縁なく生じていることになります。「全ては因縁によって生じる」=「因縁なく生じるものなど無い」というのが縁起説なのですから、縁起の始めが無因だというのは成立しません。従って生存の始めは誕生でありその前は無く、その終わりは死でありその後も無い、という世俗的な見方は、仏教のダンマから見れば縁起を否定する見方となります。縁起を前提とすれば、生物の生存とは生死によって区切られるものではなく、ブッダがパーリ仏典で繰り返し説いているように、輪を描くように連続して続いていく、すなわち輪廻というあり方をしていると見なければなりません。輪廻の原語であるsa?sāraサムサーラとは「途切れることのない流れ、流転」を意味します。「比丘たちよ、この輪廻は無始なるものです。無明という蓋があり、渇愛という結縛があって流転し輪廻する有情たちの始原は知られることがありません。」相応部経典?無始相応ところで、パーリ仏典論蔵のアビダンマでは、輪廻の中である特定の人間の生まれという現象に注目した場合、そのきかっけとして、前生の「死心」cuti citta=死ぬ瞬間の心と、前生までに蓄積された業などを因縁として、母胎にある胎児の中に「結生心」pa?isandhi cittaという心が生じると説いています。このように言うと、それこそが人間という現象の始めであると見なしてしまいそうですが、しかしこれも因縁によって死心という現象から結生心という現象が生じているだけのことであり、結生心をもって「始まり」と区切るべきものではないのです。本来区切りがないものを、区切りたいというのは、存在というものを仏教が説くような動的な現象としてではなく、固定的な実体として捉えたいという煩悩、我執だと言えます。ですので仏教の理解という意味では上に述べたように、途切れのない輪廻という状態が生存の実相であると見るべきかと思います。誤解がないように付け加えると、死心から結生心が生じるといっても、その人の実体としての心我=アートマンが移転するということではありません。死ぬときの一刹那の心という現象が死心と呼ばれるものであり、死心から生じる一刹那の心が結生心であり、ふたつは別の現象です。心はあなたの実体ではありません。ただの現象がそのように連続して因果関係のうちに滅し、生じたというだけのことです。そして結生心もすぐに有分心という現象に変化していきますので、変化しない実体アートマンが生物から生物に乗り移ったわけではないのです。二つの生存現象が連続したものと見なせるのは、業という因縁がそこに影響しているということにのみによります。これを仏教では業自性正見と呼びます。「比丘たちよ、この身はあなたがたのものでもなく、他の者たちのものでもありません。 比丘たちよ、これは先の業によって作られたものであり、意志されたものであり、感受させられたものであると、見られるべきです。」相応部経典?因縁相応無明から始まり老死で終わる十二因縁がそれでしょう。我々は刹那生滅といって、一刹那という非常に短い間に生?滅を繰り返しながら連続しているのです。これを覚知することはできなくても、前刹那と後刹那が断絶しつつも連続しているという道理があるのです。たとえば「種から芽が出る」といいますが、実際は種が細胞分裂を繰り返し、芽を出すのです。我々の体も目に見えない新陳代謝を繰り返しているから自分があるのです。そうした命の働きが止まるときが死です。初まりはあるとは言えますが、あまりにも昔すぎて考える意味さえ無くなるぐらい昔です仏教は人間が作った時間軸を壊すことで悟りに導こうとしています。ですから時間という概念から離れることができなければ理解出来ないのではないでしょうか。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です