ショッピング

224放物線と円 PでC接,さらy軸接する円で中心円Cの

224放物線と円 PでC接,さらy軸接する円で中心円Cの。1SはCに内接することよりO,Q,Pは一直線上にあるのでu=tcosθ,v=tsinθ0t1とおけるSはy軸に接するので、半径は。すで回答済みのの見て分なかった 教えて欲い y平面上の原点中心て半径 1 の円 C 考える 0≦θ<π/2 , C上の点(cosθ,sinθ) Pする
PでC接,さらy軸接する円で中心円Cの内部あるのS,中心Qの座標(u,v)する

(1) u v ぞれcosθsinθ用いて表せ

(3) 円Sの面積 D(θ)するき,次の値求めよ

lim D(θ)/(π/2 θ)^2
(θ→π/2 0)224放物線と円。点を中心とする円と,点を中心とする円について,円は軸,軸および軸に
平行な直線 に接し,円Bは軸と直線 に接してはである。軸上にあり座標が
-である点を,軸上にあり座標が正である点をとし,点,を通る直線を
とする。△のつの辺すべてに接する円の中心をとすると,点は放物線=
上にある。 点が三角形の内部にあるとき,∠の大きさを求めよ

C。次の円の方程式を求め, その円の中心の座標と 例題,例題 半径を答えよ。
点 -, – , – を直径の両端とする円 点 , -, – , を通る円
点 , を通り, 軸と軸の両方に接する円 中心が直線 =+ 上にあり,

1SはCに内接することよりO,Q,Pは一直線上にあるのでu=tcosθ,v=tsinθ0t1とおけるSはy軸に接するので、半径は uPQ^2=cosθ-tcosθ^2+sinθ-tsinθ^2=1-t^2cosθ^2+1-t^2sinθ^2=1-t^2{cosθ^2+sinθ^2}=1-t^2 だから1-t^2=tcosθ^21-t0, tcosθ0 より 1-t=tcosθ∴ t=1/1+cosθよってu=cosθ/1+cosθ,v=sinθ/1+cosθ3π/2-θ=x とするとθ→π/2-0 のとき x→+0cosθ=cosπ/2+x=-sinxよりDθ=πu^2=π{-sinx/1-sinx}^2 だからlim[θ→π/2-0] Dθ/π/2-θ^2=lim[x→+0] πsinx/x^2/1-sinx^2=π×1^2/1-0^2=π

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です