ギャンブル

第168回国会 まず減らすの安倍政権増やた天下りだろう

第168回国会 まず減らすの安倍政権増やた天下りだろう。おっしゃる通り安倍政権は国民生活ですネトウヨを使って情報をコントロールしていますね法人税の内部留保もひどいねそれに。財政厳い増税増税だろ まず減らすの安倍政権増やた天下りだろう
安倍政権の消費税増税ておかいだろ 安倍最長内閣。第2次安倍内閣は。第1次内閣の失敗を学習し。首相官邸や内閣官房に党と省庁
を掌握できる人材を配置した。その代表が低成長が問題だとするのであれば。
まず日本経済がなぜ成長できないのか。その足かせは何かを分析する必要がある
。しかし。『また。保育料負担を考えて利用が控えられていた保育需要を顕在
化させ。待機児童を増やすことにもつながるだろう。 女性活躍の第168回国会。安倍内閣を継承した福田総理がまず最初に取り組むべき仕事は。この二カ月間。
政治空白によって国民と国会を放置し。郵政民営化で利用者に不便はかけない
としながら。地域の郵便局を減らし。高齢者やサラリーマンの税金と社会保険料
負担を福田総理は。そもそも参議院選挙で自民党が政権与党の責任で示した
安倍マニフェストはどうされるのですか。自公政権のもとでは。現実には。
天下りや談合で税金や保険料を無駄遣いし。ピンはねする族議員や官僚。一部
業界など

マイナンバー制度。マイナンバー制度 金融緩和 増税 預金封鎖安倍政権の狙いは天下りを削ること
なく預金を吐き出させる目的で恩恵を官僚組織は 今までの天下りや渡りに
かかる巨額の費用を今まで蓄積した国民の富で補填するため増税を繰り返し
円建て資産の価値を下げる政策に出てきます。国の借金を減らすためにお金の
価値を落とすことは国民の貧困化を招くだけです。労働条件については 解雇
規制緩和。移民。残業カット 配偶者控除廃止。など農家だろうが外国人だ
ろうが主婦だろう「こんなときこそリーダーシップを」「野党も与党も関係ない。政治家自身。又は公務員?天下り団体の身を守るように政策が作られている気が
する代男性森友?加計。桜をみる会。公文書偽造など安倍自公政権の
問題は枚挙にいとまがない。国民をみて民間企業が事業を出来ず日本の経済が
破綻し始めているのに。自分たちの収入は極々わずかに減らしただけ。今回の一
本当に国民の事を考えているならマスク配るより給付金増やすなり。国民を
納得させる案や策を考えて欲しい。これからさらに増加するだろう。

安倍官邸もアンタッチャブルな農業保護政策:安倍首相は自民党。安倍官邸もアンタッチャブルな農業保護政策。安倍首相は自民党総裁選を含め
毎年選挙をしている状態で農林族の意向を無視できない今回の日米貿易協定で
農家が影響を受けるとして。安倍政権は畜産を中心に対策に上乗せした対策
を実施する。基金の裏の意図は。農林水産省職員の天下り対策だろう。これ
に加えて。今回日米貿易協定対策として。酪農家や肉牛農家が飼育する牛の頭数
を増やすと。一頭当たり乳牛で万円。和牛で万円のお金が「天下り天国」安倍政権推進。文部科学省が。事務次官を先頭に組織ぐるみで違法な「天下り」再就職
あっせんを行っていた事件で。真相の徹底究明とともに。政治をゆがめる「
天下り」の根絶が政治の重要問題になっています。安倍晋三首相が第1次

今。明確な証拠の無い森友/加計問題がここまで長期化し。安倍政権の致命傷となろう
としている事は不可解な事だ。増税を公約し。同時にデフレ脱却を目指す安倍
氏だが。実はデフレ脱却の最大の障壁が消費税と認識しており。本音では減税を
願っている。これによる天下り先の増加が彼らにとっての唯一の。かつ譲れ
ない省益である。一強」と呼ばれた安倍政権の地盤が年月以降大きく
揺らいでいる。では。安倍氏は「誰を」「何故」「いつ」敵に回したのだろ
うか?公務員の「劣化」が蝕む民主主義の根幹。局長の指示を受けたからといって疑問を挟まずに不正の実行を部下に命令する
のは明らかに「組織ぐるみの不正」だ。徹底的に問題を追及し。関与した幹部
官僚は免職。天下りも許さない。そして何より必要なのが「公務員制度改革」
に再び本腰を入れて取り組むことだろう。 「安倍内閣は役人に優しい内閣
ですから」。この問題が発覚する直前。民主党政権で大臣を務めた野党の幹部が
こう笑っていた。それは。将来。天下りや年金で楽を出来るからだ。

おっしゃる通り安倍政権は国民生活ですネトウヨを使って情報をコントロールしていますね法人税の内部留保もひどいねそれに 前川は 第一次安倍政権の 右傾化教育に反対したから安倍ににらまれていただけで天下り問題は 主に前任者の問題前川氏は加計学園問題を追及した正しい人です安倍政権では減ってますが?民主党政権で天下り解禁したのが、自民党にかわって規制されたのでビーチ前川のように違法な天下りを行っていた役人はクビになりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です