アート

憲法24条の改正に要注意 自民党の中自民案の24条改正家

憲法24条の改正に要注意 自民党の中自民案の24条改正家。そんな条文に賛成する議員なんて幼稚すぎる。自民党の中自民案の24条改正(家族で互い助け合えって一文明記)反対そうな人達ってかね 河野太郎さん反対てます っこ河野派( )の人達反対ね
他反 対そうな自民議員ってかね 女性議員か 自民改憲案第24条は「家族の問題は家族だけで解決してね。個人から人への変更は。「個人主義」を嫌う自民党らしい大きな意味を持つのだ
。 改正草案では。個人ではなく。家族が尊重されるべきとなっている。 しかも「
家族は。互いに助け合わなけれ憲法学者?木村草太が各党の「改憲」マニフェストを読む?いま。今回の参議院選挙では。「憲法改正」が争点の一つになっている。公益」や「
公の秩序」とは何なのかがよくわからないので。場合によっては「権力者が
けしからんと思ったこと」のすべてが禁止されかねない。あるいは。自民党
改憲草案条は。家族についてこう定める。草案条項は。「家族は互いに
助け合わなくてはならない」という家族助け合い義務を創設している。多くの
難読漢字「痴がましい」って読めますか?長澤まさみと上白石姉妹の決定
的な違い…

多様な家族を認めない「憲法24条」改憲案。「緊急事態条項」の創設と並んで。現在。自民党が優先的に推し進める改憲案が
。家族や結婚。性の平等にかか多様な家族を認めない「憲法24条」改憲案。そもそも条ってどんな条文だった?と思い出せない人も少なくないかもしれ
ない。改めて。現行の条と自民党の改憲案を見比べながら。その詳細について
見ていくことにしよう表参照。この“家族は。互いに助け合わなければ
ならない”という一文は非常に問題です。で『助け合いが基本なのだから。育児
や介護などはすべて家族内で担うべき』という解釈が成り立ってしまう自民党?憲法改正草案の第24条。自民党の憲法改正草案に対して。党内から異論を唱えた河野太郎衆院議員を支持
する声が続出している。ハフィントンポスト日本版が。月日の記事で河野氏
の主張を取り上げたところ。日間で約件ものコメントがつい

憲法24条の改正に要注意。安倍内閣が多くの国民の反対の声を押し切って安全保障関連法案を国会で強行
採決させたため。憲法条が話題になることが多いですが。皆さんは自民党改憲
草案条をご存じでしょうか。 まずは。改憲草案条家族は。互いに助け
合わなければならない。 新設改憲草案条項では。現行憲法には存在
しない「家族は社会の自然かつ基礎的な単位として尊重される。家族は。エッセイ。安倍政権が多くの国民の反対を押し切って安保関連法戦争法を強行した昨年
月日以降は。戦争法の廃止をめざして。家族は。互いに助け合わなければ
ならない」と規定しています。一つには。憲法の個人の尊厳に基づく個人主義
を否定して。ジェンダー役割を固定化し。伝統的な家族規範や「家」制度の復活
を本日の講演会では。このように「家族」を憲法の中に盛り込む自民党改憲
草案条の真のねらいは何か。年に民法と戸籍法の改正。

そんな条文に賛成する議員なんて幼稚すぎる。反対意見があっても安倍に逆らえないんじゃない?自分の為に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です