ギャンブル

徴用工問題では 韓国の自称徴用工問題で日本政府韓国政府の

徴用工問題では 韓国の自称徴用工問題で日本政府韓国政府の。仰るとおり、言うわけないですよねw文さん、「協約は破棄しない」と日本側には言い、自国内では、「判決を支持する」と言ってましたよね。韓国の自称徴用工問題で日本政府韓国政府の対応見極めるか言ってます、日本側韓国日本対て賠償請求ないいう回答期待てるんでょう、言うわけないでょw
呆れちゃよね どう思か 韓国の慰安婦訴訟。原告側弁護士は日に「法的責任が認められ。原告の名誉と人格権が回復する
ことに裁判の意味がある」と話し。状況を見極める意向を示した。 外交関係者
によると。韓国政府は日本側に「差し押さえはない」と伝えている。日韓「未来志向」に再び難題。韓国最高裁が30日。第2次大戦中の日本で強制労働させられたとする元徴用工
の訴えを認め。日韓の戦後補償国交正常化の根拠となる1965年の日韓請求
権協定を根底から揺さぶる判断といえ。日本政府は猛反発。政府は今回の判決
が韓日関係に否定的な影響を及ぼさないよう。両国が知恵を集める必要性を日本
側に伝えた」。外務省関係者も「いつまでに。とはあえて言っていない」と
言い。期限を切って韓国政府に対応を迫っていないことを明かす。

徴用工問題では。日々情報に接しつつ。いま日韓間に大きな懸案はないかのように感じられる。
だが。事態はきわめて個人の請求権は有効であろうが。日本に対するあらゆる
賠償は韓国政府が引き継ぐと明文化されている。 日本政府企業。元慰安婦と徴用工への賠償金は韓国政府が先に支給。韓国政府が最近。日本と実務陣接触を増やすなど積極的に韓日関係の修復を図っ
ていることが分かった。日本政府は。元徴用工。慰安婦被害者に対する賠償金を
韓国政府が先に支給するいわゆる「代位弁済案」を受け入れ…婦判決は正直
に言って少し困惑している」と述べた後。韓国政府が関係改善に積極的に
乗り出しているということだ。賠償金のための基金をどのように。誰が参加し
て作るのか。今後日本に求償権を請求することができるようにするのか

韓国の「不法判決」で日韓関係は修復不能となるか。元慰安婦12人が日本政府を訴えた損害賠償訴訟で。ソウル中央地裁が8日。
原告側の請求を認めたことで日本の敗訴となった。元徴用工問題にせよ。慰安
婦問題にせよ。その内容に不足な点があったとしても国民が選んだ時の政権が
懸案となると。文在寅政権が譲歩するほかないが。文大統領も支持率が急落し
ているだけに容易に日本に歩み寄る情勢。さらには朝鮮半島の動向に関する知
られざる情報を提供し。かつ日本の安全。平和の観点から論じます。アジア?太平洋研究センター主催講演会。は,司会をして下さっている平岩俊司先生,皆さんご存知のように日本を代表
する朝 鮮半島政治徴用工」判決をめぐる法的諸問題と日韓関係青木 清
私法と対比して言う場合,この国際法は,通常,国際公法と言います。とは
いえ,構造的に「無理がある」と言って放っておく裁判所のことを,韓国では
法 院と言います。これは,中国に倣っています。最高裁は大法院,高等裁判所は
高等法また,原告らの損害賠償請求は,大法院が言ったように請求権協定の
そもそも

日韓。会談の冒頭であいさつする河野太郎外相左端と韓国の康京和外相右端=
15日。ドイツ?河野氏は韓国最高裁が新日鉄住金に損害賠償を命じた
いわゆる徴用工判決を現実的な対応として現金化された資産を南朝鮮に請求
するんだろうか?徴用工問題でやるべきことをやってないのは日本政府の方
なのに

仰るとおり、言うわけないですよねw文さん、「協約は破棄しない」と日本側には言い、自国内では、「判決を支持する」と言ってましたよね。???もぅ、こいつは駄目だと思いました。別にどっちでも良いんですよ、日本は???韓国が何言おうと。協約、協定???定めた約束を守らない相手に、怒ったところで詮無いし、諭したところで日本人には反発しかしないんですから。ただ、日本政府は、国家間の協定事項を履行できない国とは、付き合い方を変えると言いたいだけでしょうね、きっと。???もう一つ。「やれるものならやってみろ」???です。文さん、日米とは縁を切りたいんですよね、きっと。結果を考えずに。好きにしてください。韓国の人民にも生産品にも興味ないし。今度は何の助けもしませんがwwんなとこですねwwffr********さん>韓国から日本に対して賠償請求しないという回答これ、じつは文在寅か首相が過去に言ったのです。2007年の盧 武鉉の時に、言ったのですよ。その時の戦後補償担当官は、文在寅です。しかも、戦時労働者の訴えは全て南朝鮮が肩替わりすると、文在寅が法律を新規に作ったのです。つまり2007年に、自称徴用工への賠償は朝鮮人が既に実施済みです。2018年中に、文在寅政権幹部が言わなきゃ南朝鮮は終わりです。日本は、既に経済制裁の準備中です。南朝鮮系銀行への、日本円とドルの送金停止の準備をしてます。これは国連制裁決議条項ですので、日本は直ぐに実施できます。日本で販売された三星電機の製品代金が送金できません。LGもロッテも全部禁止ですねぇ。造船代金も送金できません。二輪や自動車はもともと殆ど全く日本では売れてないですが。ちなみに、これら南朝鮮系財閥の日本国内資産の凍結や没収については、国際法の相互主義で一部できますが、懲罰的に実施する場合は、財産権の剥奪などの立法措置が必要になりますので、2019年以後になります。ちなみに、南朝鮮系銀行へのドル送金は既に、12月から米国で実施されてます。理由は、北朝鮮への違法ドル送金を実施したのがバレたからです。朝鮮人の為にも、日本は早く経済制裁をするときです。民主主義国では、経済の失敗失策が政権打倒の原動力です。文在寅政権は完全に北朝鮮のスパイ組織で構成されてる。朝鮮人が可哀想だから、サッサと半島経済の息の根を止めるべきです。政権が変わって親日政権になれば、通商協定にしたがって再開するだけです。韓国の不法な判断についていえば、我が国では適法の範囲内ではない。すなわち、不法行為としてみれば我が国の私人に対する、国内海外における現行犯恐喝、業務妨害、窃盗等である故、現行の問題として外交保護権の行使は可能であり、各国に協力要請もできる。基本的に国際法は法の不遡及が原則であり、条約は内国の三権に優越する。そのいずれの点においても、韓国側の認識はあやまっており、暴挙甚だしい。その上、徴用でない者を徴用と見做す等、異常判断のオンパレードといってもよいし、日韓基本条約締結時、日本側は個人補償を行う旨申し出たが、韓国側が金員を一括して受け取るとして譲らなかった経緯などもあり、個人補償の義務は韓国側にあるといってよい。無論、日韓併合を不法とする法も当時存在しない。その上、赤化非法治?人治が想像以上に進行している。実際に韓国経済の信用がガタ落ちになるというのは、韓国経済をあえて債権評価として例えていえば、正常債権をジャンク債に分類しなければ不正な判断だ、という事。つまり、あらゆる韓国に関係する与信信用について早晩評価を引き下げないことは不当といえるということでもある。この上、韓国の最大の輸出先は中国だが、その中国もサプライチェーンの大移動が始まっており、景気減速している。しかも、韓国と中国は産業上は競合でもある。つまり、韓国経済は対中国貿易は悪化、対米貿易も悪化するでしょうから、早晩ボロボロになるでしょうし、北朝鮮にしても頼みの中国がダメになるとは思ってないでしょう。無論、日本企業からは韓国から生産拠点の移転を検討している所もあるだろうが、前述のたとえが必要になる状況に至ったのも、移転や資本引揚げが必要になったのも、韓国司法の誤判断に直接起因し、または、韓国政府の無策による全く迷惑な件でもある。つまり、中二病としかいいようのない韓国政府の対応をみているのは、ある意味当たり前ですよ。日本側は、韓国から日本に対して賠償請求を撤回しないという回答を期待してるんです。直ちに適切な措置が講じられない場合の対応にも言及し、「国際裁判や対抗措置も含めあらゆる選択肢を視野に入れ、毅然きぜんとした対応を講ずる」と強調した。河野外相「日韓関係の法的基盤、根本から覆す」 13時11分韓国大法院最高裁が三菱重工業にも元徴用工らへの賠償を命じたことに対し、河野外相は29日午前、「日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すものであって、極めて遺憾であり、断じて受け入れることはできない」と強く抗議する談話を発表した。 河野氏は談話で、請求権問題は1965年の日韓請求権?経済協力協定で「完全かつ最終的に解決」されていると指摘。韓国政府に対し、国際法違反の状態を是正するよう適切な措置を講じるよう求めた。 直ちに適切な措置が講じられない場合の対応にも言及し、「国際裁判や対抗措置も含めあらゆる選択肢を視野に入れ、毅然きぜんとした対応を講ずる」と強調した。 外務省の秋葉剛男次官は29日午前、同省に韓国の李洙勲イスフン駐日大使を呼び、抗議した。口では安倍さんも河野外相も強硬な発言をしてるがどう対応して良いか迷ってんのでは?ただ、あえて擁護すればあくまで司法の判断であり政府の公式発言つまり文大統領の言及を待ってるのではと思える。が、すでに文は2トラック方式これまでも何度もを繰り返し外交と歴史認識問題は分けて考えるべき別途協議と発言してる。まあ、制裁にしても経済制裁部分的にしても自民のタニマチ經濟産業界が反対するだろうし自民には多くの親韓派が居る。また、経済協力、他の条約或いはスワップの解消を示唆する度胸があるのか皆目見当がつかない。だから、生温い対応のICJ国際司法単独提訴でお茶を濁しているのではと思う。提訴が何故生温い?例え受理され勝訴してもICJには強制権も罰則もない、中国の南沙諸島問題が良い例、無視看過、それで終わり。それに受理され決裁には最低1年は要す、その間どうなるの?また、国際批判?冗談ではない中国は?まして70年以上前の2国間の歴史認識問題の争いに興味関心を以って報道する国は殆んどないと言えるし国民も全く知らないだろうね。まあ、分からない、手始めに大使召還でもと思うが弱腰、引け腰、及び腰、忖度、のこれまでの対韓外交では期待はムリと思うね。もともと解決済みの問題に対して、弱腰の極み安倍政権は「村山妄言」を踏襲するといい、かつこんな不条理な財団をでっちあげた。こんなだらしのない態度を見せたら最後、徴用工問題の様に難癖を吹っかけてくる。自ら撒いた無責任のツケがまわってきた。所詮一度、政権を放り投げた腰抜けだし徴用工問題に関しては日本がその対象となるであろう人間に対して、それなりの金を支払うと申し出たにもかかわらず、韓国という国が韓国に支払ってくれと切望したわけで、日本はすでにその金を支払っている。韓国はその金で、国内のインフラなどを整備している。韓国は金を草受け取り、受け取るべき人間にも、保証すると確約している。本来、この裁判においては、その部分を再度検証することもなく、国際法から逸脱した裁定を下してしまっている。韓国は国として、この裁判に対して韓国という国として何だかの代謝をすべきなところを、見て見ぬ振り。国際法を理解しているなら、この裁判の裁判官は、徴用工問題に対しての保証を求めるなら、韓国という国に対して求めるように裁定すべきなところを、日本に対して判決を出してしまった。見識の低さが甚だしい事例といえる。韓国が選べる選択肢は以下の3つしかありません。韓国政府は、好きなものを選べばいいのです。1.日韓請求権協定条約通り、韓国政府が払う。2.韓国が国際司法裁判所に出廷する。3.日本と韓国は国交断絶する。お勧めは、3.日本と韓国は国交断絶する。なぜなら、この場合、韓国政府は、ただ寝ていればいいだけですから。——————————-「新日鉄住金の韓国内における資産差し押さえ」が実施された場合、国際法上、きわめて致命的な大失点となり、日本と韓国との関係は修復不能となります。韓国という国、国民性から考えて、このまま最悪事態まで突き進む雪だるま式可能性が非常に高く、国交断交まで一気に至ってしまうかもしれません。その場合、その後の国交回復は極めて困難となるでしょう。韓国政府の出方次第で、最悪、国交断絶状態となる。——————————-今後、韓国政府が必要とする対応を行わなかった場合、日本→国際司法裁判所へ単独提訴韓国政府が国際司法裁判に応じない場合、←当然、韓国は出廷などしない韓国側が一方的に日韓請求権協定を破棄したことになる。日韓請求権協定は日韓基本条約の付属書であり、このふたつはセットであるため、→日韓請求権協定の破棄=韓国政府が日韓基本条約そのものを破棄すると宣言するに等しい。日韓基本条約の破棄→国際法上、日韓国交断絶へ。日韓基本条約によって、日本と韓国とは国交正常化を行ったのでしょう?韓国政府が一方的にそれを破棄するのだから、国交正常化前の、振り出しに戻って、自動的に国交断絶状態となる。——————————-↓日韓請求権協定:日韓基本条約の関係諸協定、日韓請求権並びに経済協力協定————————————————————-[文書名] 日韓請求権並びに経済協力協定財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定 [場所] 東京 [年月日] 1965年6月22日 [出典] 日本外交主要文書?年表2,584‐586頁.外務省条約局「条約集?昭和40年二国間条約」. [備考] [全文] 日本国及び大韓民国は、両国及びその国民の財産並びに両国及びその国民の間の請求権に関する問題を解決することを希望し、両国間の経済協力を増進することを希望して、次のとおり協定した。 第一条 1 日本国は、大韓民国に対し、 a現在において千八十億円一?八、???、???、???円に換算される三億合衆国ドル三??、???、???ドルに等しい円の価値を有する日本国の生産物及び日本人の役務を、この協定の効力発生の日から十年の期間にわたつて無償で供与するものとする。各年における生産物及び役務の供与は、現在において百八億円一?、八??、???、???円に換算される三千万合衆国ドル三?、???、???ドルに等しい円の額を限度とし、各年における供与がこの額に達しなかつたときは、その残額は、次年以降の供与額に加算されるものとする。ただし、各年の供与の限度額は、両締約国政府の合意により増額されることができる。 b現在において七百二十億円七二、???、???、???円に換算される二億合衆国ドル二??、???、???ドルに等しい円の額に達するまでの長期低利の貸付けで、大韓民国政府が要請し、かつ、3の規定に基づいて締結される取極に従つて決定される事業の実施に必要な日本国の生産物及び日本人の役務の大韓民国による調達に充てられるものをこの協定の効力発生の日から十年の期間にわたつて行なうものとする。この貸付けは、日本国の海外経済協力基金により行なわれるものとし、日本国政府は、同基金がこの貸付けを各年において均等に行ないうるために必要とする資金を確保することができるように、必要な措置を執るものとする。前記の供与及び貸付けは、大韓民国の経済の発展に役立つものでなければならない。 2 両締約国政府は、この条の規定の実施に関する事項について勧告を行なう権限を有する両政府間の協議機関として、両政府の代表者で構成される合同委員会を設置する。 3 両締約国政府は、この条の規定の実施のため、必要な取極を締結するものとする。 第二条 1 両締約国は、両締約国及びその国民法人を含む。の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン?フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条aに規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。 2 この条の規定は、次のものこの協定の署名の日までにそれぞれの締約国が執つた特別の措置の対象となつたものを除く。に影響を及ぼすものではない。 a一方の締約国の国民で千九百四十七年八月十五日からこの協定の署名の日までの間に他方の締約国に居住したことがあるものの財産、権利及び利益 b一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつて千九百四十五年八月十五日以後における通常の接触の過程において取得され又は他方の締約国の管轄の下にはいつたもの 3 2の規定に従うことを条件として、一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつてこの協定の署名の日に他方の締約国の管轄の下にあるものに対する措置並びに一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。 第三条 1 この協定の解釈及び実施に関する両締約国の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとする。 2 1の規定により解決することができなかつた紛争は、いずれか一方の締約国の政府が他方の締約国の政府から紛争の仲裁を要請する公文を受領した日から三十日の期間内に各締約国政府が任命する各一人の仲裁委員と、こうして選定された二人の仲裁委員が当該期間の後の三十日の期間内に合意する第三の仲裁委員又は当該期間内にその二人の仲裁委員が合意する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員との三人の仲裁委員からなる仲裁委員会に決定のため付託するものとする。ただし、第三の仲裁委員は、両締約国のうちいずれかの国民であつてはならない。 3 いずれか一方の締約国の政府が当該期間内に仲裁委員を任命しなかつたとき、又は第三の仲裁委員若しくは第三国について当該期間内に合意されなかつたときは、仲裁委員会は、両締約国政府のそれぞれが三十日の期間内に選定する国の政府が指名する各一人の仲裁委員とそれらの政府が協議により決定する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員をもつて構成されるものとする。 4 両締約国政府は、この条の規定に基づく仲裁委員会の決定に服するものとする。 第四条この協定は、批准されなければならない。批准書は、できる限りすみやかにソウルで交換されるものとする。この協定は、批准書の交換の日に効力を生ずる。以上の証拠として、下名は、各自の政府からこのために正当な委任を受け、この協定に署名した。千九百六十五年六月二十二日に東京で、ひとしく正文である日本語及び韓国語により本書二通を作成した。 日本国のために 椎名悦三郎 高杉晋一 大韓民国のために 李東元 金東祚 ————————————————————-第二条 両国は請求権問題の完全かつ最終的な解決を認める第二条1.両締約国は、両締約国及びその国民法人を含む。の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン?フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条aに規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。2.この条の規定は、次のものこの協定の署名の日までにそれぞれの締約国が執つた特別の措置の対象となつたものを除く。に影響を及ぼすものではない。a一方の締約国の国民で千九百四十七年八月十五日からこの協定の署名の日までの間に他方の締約国に居住したことがあるものの財産、権利及び利益b一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつて千九百四十五年八月十五日以後における通常の接触の過程において取得され又は他方の締約国の管轄の下にはいつたもの3.2の規定に従うことを条件として、一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつてこの協定の署名の日に他方の締約国の管轄の下にあるものに対する措置並びに一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。韓国が差押えの事前警告?韓国は本気で差押えする気があるの?本気なら黙って差押えするでしょ。威嚇して話し合いで賠償させたいだけじゃないの?しかも差押え後も話し合いたい?なんじゃそりゃ。日本が賠償金支払いや話し合いに応じていないので、韓国が焦っているようにしか見えない。日本は賠償金支払いを断固拒否し、万一差押えられたら出来得る限りの制裁を韓国に加えるべきだ。●「徴用工」代理人弁護士が会見、年内に資産差し押さえ手続きも 専門家は「日韓経済戦争になる」と警鐘 徴用工でまた…韓国“異常”判決 2018.12.5 韓国はもはや制御不能なのか-。韓国最高裁が新日鉄住金に対し、自称?徴用工の韓国人らに賠償を命じた訴訟の原告代理人らが4日、東京都内で会見した。代理人弁護士は、24日までに同社から回答がなければ、年内に韓国内にある同社の資産を差し押さえる手続きに入る考えがあると表明した。国際法や歴史を無視した暴挙といえる。代理人弁護士は、新日鉄住金の韓国内の資産について、同社と韓国鉄鋼大手ポスコの合弁会社による株式約11億円や3000件以上の知的財産権だと説明した。会見前、新日鉄住金を訪問したが、同社が面会を拒否したため要請書を受付に預けた。朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「とんでもない話だ」「感情のままに行動し、日本企業との関係を考えていない」「もし資産を差し押さえることになれば、もはや『日韓の経済戦争』になる」と警鐘を鳴らした。河野太郎外相は是正措置が取られない場合、国際司法裁判所ICJへの提訴に踏み切る考えを示している。松木氏は「韓国の暴走は止まらない」「日本も覚悟を決めて、毅然とした態度を示すことが必要だ」と話した。●徴用工判決で新日鉄住金に差し押さえ通告 24日期限 菅長官「韓国政府の対応見極め」2018.12.4 17:30日本の朝鮮半島統治下で韓国の自称徴用工問題で日本政府は韓国政府の対応を見極めるとか言ってますが、.4ページ目 – !知恵袋

  • superdry 東京の方は手に入らない生活用品などはご
  • 金魚を飼おう: 週一で1/3の水交換とその分の塩を追加し
  • 第6回常識を疑おう1 複利効果の高い商品を探しています
  • ディスプレイモニター アマゾンでPCモニターとテレビを見
  • がんの原因 考えられる原因は癌でしょうか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です