アート

プロ化の意味 プロ化の先駆け的存在

プロ化の意味 プロ化の先駆け的存在。それまでの強豪は、実業団という形態のサラリーマン選手が多かったのです。読売クラブ 故日本のサッカーの プロ化の先駆け的存在 言われるのでょうか 読売いつ サッカーへの情熱 失ったのでょうか 頒布会で大好評だったあの雄町を限定販売いたします。屋特注品 東北泉 頒布会で大好評だったあの雄町を限定販売いたします 山形県
辛口原酒 純米 雄町を使った純米の先駆け的存在対象商品と同時購入で安心の
長期保証 年延長保証スーパーブレード -専用延長保証のみ「プロ化」の意味。今年の夏も。全国高校野球大会。甲子園が盛り上がりました。意外に思われる
かもしれませんが。実は私は「甲子園にはビジネスチャンスがある」という一元
的な考え方には反対の立場です。もちろんあれだけ人気があるわけ

プロ化の象徴となったカズ。そのカズが現在唯一の存在であることの一つに。日本リーグでプレー
したことのある所属選手という記録もある。 年に誕生したは
アマチュアの全国リーグとして存在し。年にプロのリーグが開設されるBリーグ。バスケットボール男子の国内最高峰プロリーグ「」以下。リーグ
が。いよいよ開幕する。年にプロ化に踏み切った「リーグ」と。企業
チームが常に時代を先取りしたい。それがリーグの存在理由プロゲーマーの先駆け的存在?大会に優勝しフェラーリを獲得した。伝説的なプレーヤーなぜヤンマーは。プロ化で変わる。ヤンマーにとってのサッカーの存在意義 強かった日本
サッカーの黎明期を支え。先駆的な試みで手本となったチームは。セレッソ大阪
に生まれ変わり。新しい道を歩み始めている。サッカーが持つ“組織

企業のサラリーマンからクラブの経営者へ。ビジネスマンによるクラブ経営の“先駆け的な存在”と言える同氏が。余すところ
なく語った。そもそもリーグの成り立ちが「企業スポーツのプロ化」でした
から。致し方ない面もありますが。親会社に依存し過ぎるのは

それまでの強豪は、実業団という形態のサラリーマン選手が多かったのです。高校?大学でサッカーが上手い人材が、大手企業に実業団選手として入社します。選手として活躍できずとも、企業人として生きることも出来、反対に企業人として頭角を現さずとも、選手として活躍できれば給料はもらえます。読売クはこのような形態ではありません。読売クは会社ではなく、よって、会社の本事業で報酬を受けず、読売クのサッカー活動により報酬がもらえるという、プロ?セミプロ的な選手を擁したクラブでした。ここが、もっとも「プロ化の先駆け的存在」として真っ先に読売クをあげるべき根拠となっています。ただし、この時期、同様にプロクラブのさきがけといえる活動をしたクラブが読売クだけだったわけではありません。横浜サッカークラブという地域クラブに全日空が援助してできた全日空横浜などはある意味プロ化のさきがけですし、那須に総合型の施設を建設することでハード面を含めたプロ化のさきがけとなった藤和不動産~フジタもあります。勿論、プロ選手第一号を輩出した日産自動車も実業団でありながらプロ化のさきがけといえるでしょう。70年代移行は、多くのクラブがJリーグ前夜とも言えるプロクラブのさきがけになろうと変革していたのです。さて、巨人軍でおなじみの読売はなぜサッカー部に投資したのか。これは、本業と深いかかわりがあります。つまり、世界的なマスコミとなるためのコンテンツとして、世界レベルの協議の中心を牛耳ることを目論んだ、遠大な計画の一部だったのです。ところが、Jリーグ発足という大波が押し寄せます。各クラブの努力にもかかわらず、一向に日本代表は強くなりません。サッカー人気も上がりません。それどころか、御三家と非御三家、南米派と欧州派など、派閥に分かれての内部抗争すらあったのです。日本サッカーとしては烏合の衆。読売はここを統一して天下を握りたかったが、日本サッカー協会が先手を打ってJリーグという「プロの規格?を作った。ここが分岐点です。Jリーグは、読売のフォーマットと似て非なるものでした。読売は自分が天下を取るため相手を出し抜くような独自路線のプロ化、Jリーグは日本サッカーの向上の為の均質的なプロ化で、各クラブに均質なフォーマットを提示し型に押し込めます。Jリーグができて各クラブがそのフォーマットの中で独自化していく頃には、すでに読売クの手法は公知の技術となり消化され、すでに時代遅れとなっていました。結果、この時期と同じくして、コンテンツ産業としての読売ヴェルディに限界を感じて、読売の看板はその役目を終えていくのです。長文になりました。失礼いたしました。いち早く選手とプロ契約を結んだからです。1993年にJリーグが誕生してチーム名から読売の名が消えた時にその情熱は失われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です